Natural time

 Title → スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) |

 Title → モンサンミッシェル・・・12月18日 ?

2008/02/17(日) 17:38:40
CIMG0372.jpg

昨夜は外は寒く、風ももあり夜景どころではなかったのがウソのように晴れ渡った空。
そして全然寒くなかったんです。

朝食後、ホテルから城壁を散歩しました。

島の半周位はしたのでしょうか?
カメラに収めた景色はおいおいblogの中で紹介しますね。

20071218msm10.jpg

ランチは【ラ・メール・プーラール】にていただきました。
メニューはコースしか無く、ビックリするような値段でした。
またいつくるか分からないモンサンミッシェル。
思い切ってオーダーしました。

味は評判通り、、、、???なお味です。
オムレツと思って食べてはいけない卵料理です。
【ラ・メール・プーラール】意外のお店でも食べれます。
そちらのほうが美味しいというウワサもチラホラ・・・。
元祖はこちらのお店のようですし、話のタネにはなりますね^^

20071218msm7.jpg

お散歩した干潟はトロトロした土です。
ガイドさんには決して干潟を歩かないで下さいといわれました。
バスの車内が汚れてしまうと運転手サンのお掃除が大変だそうです。
実際、日帰りツアーの方は干潟を歩く時間があったのかは?不明です。

歩くなと言われれば歩いてみたくなるのが人間です(笑
干潟に足を踏み入れてみました。
ヌルとして沈んでいく、靴の周りに泥が・・・・・。
干潟から退散!
写真に撮っておけばよかったと後から思う。
そんな事ばかりだったんですけど(*v_v*)

干潟は2メートルも土が堆積してしまったそうです。
道を作って、島には行きやすくなっても満潮時に潮が島まで押し寄せる事も
ないとか、、、
橋を作るそうですがまた景観も周辺の環境も変わってしまうのでしょうね。

外国に来ても環境について考えさせられます。
世界のどこでも問題は起こっているのですね。

また機会があればモンサンミッシェルに来たいなぁ~と思います。
次は対岸のホテルから夜景を見たいです♪


スポンサーサイト
モンサンミッシェル | TB(-) | CM(-) |

 Title → モンサンミッシェル・・・ホテルでの食事

2008/02/10(日) 07:02:33
20071217msm60.jpg

夕食はホテルで・・・。
一番気軽ですよね、宿泊する所で食事をするのが^^
かぼちゃベースのポタージュ。
量が多いです!
お味はヨカッタです♪

20071217msm61.jpg

【ムール貝のワイン蒸し】
レストランに入った時に親子連れが食べていたのを見、、、
ココでも食べれるんだと嬉しかったんです。
今度パリへ来る時は『レオン』で食べたいと思っていた【ムール貝ワイン蒸し】
一足早く食べられてy( ̄ー ̄)yピースピース

レオンの【ムール貝のワイン蒸し】はル・クルーゼで調理されてくるんです。
小さなココットで。
後にココで食べといて◎でした。
最終日のお昼に探したんですけど見つからず食べれなかったんです。
日本に帰って地図を見たらちゃんと◎印を付けていたのに・・・。
何で見落としていたのか???
疲れていたのかなぁ~

まっ、量が多いコレを2回食べるのはムール貝もういいや・・・
になるかもしれなかったのでヨカッタのかもしれませんね。

msm20071217.jpg

【コンチネンタルブレックファースト】
画像にはありませんがハム、チーズ、ヨーグルトがあります。
赤いクロスで元気が出そうです♪

20071218msmhmor1.jpg

アメリカ人が大好きなコーンフレーク。
どこの国に行っても朝のメニューにあるんですね。
私はプルーンとレーズンをヨーグルトに入れて♪

**************************************************************************

写真を撮る私達を一人旅の若いお嬢さんが見ていました。
エライね、ツアーじゃ無くってレールとバスを乗り継いでここまで来たそうです。

一応、私もバスツアーではなくレール&バスでのルートを調べました。
冬季はバスも本数が減る事、チケットの予約の仕方の不安。
(代行業者に頼めば良いかもしれないけれど)
パリでのTGVの乗車の仕方の不安(チケットの改札の仕方が変わっている)

こんなに心配な事を抱えて望むのは荷が重い。
マイバス社に乗っかってしまったわけです。

ツアーに組み込まれているのが一番手っ取り早いかもしれない・・・。
観光だけのツアーに参加してみたいという気持ちもあります。

パリに行った、と言っても・・・・・
地味なパリです。

でも行けるだけでも幸せと思わなければバチがあたりますね、スミマセンm(_ _)m

モンサンミッシェル | TB(-) | CM(-) |

 Title → モンサンミッシェル・・・12月17日 ?

2008/02/03(日) 06:51:03
20071217msm48.jpg

「グランドリュ」を歩いてます。

20071217msm49.jpg

赤いドアが素敵だナと思って撮ったんですが
ベビーカーを押すパパまで入ってしまいました。

20071217msm50.jpg

石作りの壁にこの「赤」は目をひきます。
お店や看板が可愛いのでついシャッターを押してしまいます。
その後何度も同じお店を撮ってしまった事か・・・。

20071217msm51.jpg

左のお店はアイスクリーム屋さんだったような・・・。
2階はホテルだったんですね、、、気がつきませんでした。

20071217msm52.jpg

島内の「郵便局」
翌日、ここからポストカードを送りました。

20071217msm53.jpg

郵便局の隣にあるホテル「テラス・プラール」
外階段から受付に行くのですね~

20071217msm54.jpg

「公衆電話」
きっとフランスの方からすればなんて事ない電話なんでしょうけど
撮ってしまいます(*v_v*)

20071217msm55.jpg


モンサンミッシェル | TB(-) | CM(-) |

 Title → モンサンミッシェル・・・12月17日 ?

2008/01/25(金) 09:23:59
CIMG01551.jpg

大天使ミカエルが聖オベール司教にお告げをするシーンを描いた彫刻
(ガイドブックより・・・)
彫刻が分割されてるのはもしかして違うところにあったのかな???

20071217msm36.jpg


20071217msm35.jpg

このレリーフもきっと何か意味があるのでしょうが・・・
説明ナシ。。。
フランス語も読めないしナ。

20071217msm33.jpg
螺旋階段を降ります。
ずっと長く続くのかな?って思ったけれど
すぐに終わりましたヨ。ヨカッタ!目が回るものね~(笑

20071217msm40.jpg


20071217msm38.jpg

終点!?
ガイドブックやお土産やさんのコーナー。
混みあってます!

20071217msm39.jpg

サァーッと団体サンの列はひきました。
記念メダルはミカエルさんとモンサンミッシェルの全景です。
もちろん両方買いました♪
各2ユーロ。

20071217msm41.jpg

AUMONERIE礼拝堂だって!訳してみました。
旗と文字の色合いが好みだったのでパチリ☆

20071217msm42.jpg


20071217msm43.jpg

後で作った蛇口かもしれないけれどシャッターを押したくなります。

20071217msm44.jpg


20071217msm45.jpg

出口のお姉さんに了解を取って撮ったのに・・・
ピンボケ!またカメラを向けるわけにいかなかった一枚。
これも思い出だからアップ!

20071217msm46.jpg

急な階段を降ります。
この階段をベビーカーを押しながら降りていたパパがいました。
もちろんBabyを乗せて!
大胆だなぁ~

20071217msm47.jpg

歴史的博物館と言う名前のお土産やさんではないかと思います。

お土産さんも閉まっているところが何軒かありました。
レストランも半分は閉まっていたかなぁ~
ちょっと寂しいね。

今度は春から夏にかけて行きたいナ♪

モンサンミッシェル | TB(-) | CM(-) |

 Title → モンサンミッシェル・・・12月17日 ?

2008/01/19(土) 11:37:55
20071217msm23.jpg

てっぺんのミカエルさん。

20071217msm24.jpg

回廊。

20071217msm27.jpg

冬の時期は緑が無いだろうと思ったら・・・
緑がありなんだか嬉しかったナ。

20071217msm26.jpg

石を運んで来た人のイニシャル入り。
たぶんそうかな?って思ってシャッターを切ったら
ガイドさんがすかさずそうだとおしゃってました。

20071217msm22.jpg

ゴシックだ、ロマネスクだと言われても
感動があまり無いのよねぇ~
世界遺産・お城・遺跡が皆同じ色に見えるの。
私、冷めてるのかもしれない。
いや勉強不足なのかもしれないね。

やっぱり干潟が一番スキ

モンサンミッシェル | TB(-) | CM(-) |

 Title → モンサンミッシェル・・・12月17日 ?

2008/01/18(金) 23:59:59
20071217msm14.jpg

昼食を終え、さぁ~修道院へ出発!!!
カメラをあっちこっち触っていたらなんと画像が確認出来るようになりホッ・・・。
ヤレヤレ、どんよりした気持ちが軽くなった^^

↑ものすごく混んでいるように見えるけれど・・・
我が団体だけです。
閑散期なのでスキスキ♪
でもいつも置いてきぼり、ガイドさんどんどん行ってしまうんだなぁ~

20071217msm15.jpg

段々近づいてくる。

20071217msm161.jpg

干潟が好き

20071217msm17.jpg

窓腰より干潟を望む。

20071217msm19.jpg

階段全部で300段あるって言ってたかなぁ?
次の日に筋肉痛にはならなかったからそうでもなかったかも^^

20071217msm18.jpg

ノートルダム寺院のシメールに似てる?上部の飾り。
記憶が・・・。

20071217msm20.jpg

水道の蛇口?

20071217msm21.jpg

ロマネスク様式とゴシック様式の教会の内部。
ガイドさんの声は小さいしさっさか行ってしまうし・・・。
ガイドブックで確認して記してます。

モンサンミッシェル | TB(-) | CM(-) |

 Title → モンサンミッシェル島内・・・12月17日 ?

2008/01/12(土) 10:29:55
20071217msm7.jpg

『ラ・メール・プーラール』
プーラールおばさんが考案したフワフワオムレツのお店です。
入り口すぐのところにあります。

20071217msm8.jpg

『王の門』

20071217msm9.jpg

『グランドリュ』
レストラン・ホテル・お土産やさんが建ち並ぶ。
昼食を取る『オーベルジュ・サン・ピエール』へ。
ココの上階が私達が一泊したホテルです^^

20071217msm10.jpg

昼食・・・。
前菜と名物のシードル。

20071217msm11.jpg

鴨居に銅鍋。

20071217msm12.jpg

メインはシーフード。
フランスパンももちろんありました。
デザートはタルトタタン。

なんとなくこうかな?というアングルで撮ったので
デザートの画像はピンボケでした。
勘を頼りに撮ったけれどまぁまぁかな・・・・・でも悲しい(ToT)。

ランチは期待をしていなかったんですけど美味しかったです♪
シードルは私は好きになれないかな・・・。
その後もう一回、他のお店で飲んだんです。
好きじゃないのになぜ?・・・・・
それはまた後でお話しますね☆


食後、いざ修道院へ出発です。

モンサンミッシェル | TB(-) | CM(-) |

 Title → モンサンミッシェルへ・・・12月17日 ?

2008/01/12(土) 09:58:00
今日はMy bus社前にAM7時15分集合。
ホテルを6時15分に出、6時45分に着く。
外はまだ真っ暗、、、7時に事務所が開き中で待機。
受付をを済ませ、トイレを済ませ、バスが来るのを待ちました。
この日はバス2台で出発でした。
私達の担当のガイドさんは年配の女性でした。
私は彼女の歯の矯正治具が気になってしょうがなかった。
年配になっても矯正をするんだ、客商売だからか・・・
なんて彼女の話を上の空で聞いていたのが悪かった?!のか

とんでも無い事が起きた!

デジカメが使えなくなった・・・。・゜゜・(>_<)・゜゜・。
昨日ヴァンブの蚤の市で落としたのが悪かったのか、、、
寒さに弱いのか・・・。
ほんとに情けなく、なんのためにMSMに行くのか・・・。
苦労が水の泡ではないか・・・。

デジカメの画面がザァーザァー流れて色の三原色状態。
以下の写真は勘で撮った画像です。

ホントにホントにやり直したいMSM行きです。

20071217msm1.jpg

AM7時35分。
朝だけど、夜のようなパリの朝。

20071217msm2.jpg

シャンゼリゼ通り。

20071217msm3.jpg

凱旋門。

20071217msm4.jpg

AM9時30分。
トイレ休憩15分。
2時間バスを走らせたら休憩です。
帰りはココは寄りません、違うドライブインでした。
ここでMSMのクッキーが売ってます。
値段をチェックはしたのですが買わず。
後で帰りに寄ったドライブインで同じものが割高になってました。
MSMでは割高になるだろうと思ってましたが帰りに値段がふっかけて
売るなんてノホホン観光客には思いもよりません。
次回があるとすれば往きに買うが鉄則です。

20071217msm5.jpg

バスに揺られて4時間半。
12時10分着。
青空に映えるMSM。
岩山に建てられたのが左下のゴツゴツの岩で分かります。

20071217msm6.jpg

振り返れば干潟。

カメラが使えないのがなんとも悲しかった到着でした。
モンサンミッシェル | TB(-) | CM(-) |

HOME
Copyright © 2017 Natural time, All rights reserved.
Icon + Template by odaikomachi
  まとめ
img { margin: 5px 5px 5px 5px; }
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。